エリアから探す

  • エリアで探す
  • 検索
  • 路線で探す
  • 検索

WORDS ネイル用語集

いまさら聞けない!ネイル用語

ア行

・アート(ネイルアート)
様々な材料やデザインを爪に施すこと。
・アーチ
爪を横から見たときのネイルプレートのカーブ。
・アームレスト
ネイルサロンなどで施術してもらう時に腕をのせるクッション。
・アクティベーター
レジンやグルーが固まるスピードを速める硬化促進剤。
・アクリリックネイル
アクリルキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせる事で重合反応が起こって硬化する人口爪。(アクリルネイル)
・アクリル絵の具
ペイントアートをするときに使う絵の具。
・アクリルニッパー
アクリリックネイル(スカルプチュア)をカットするもの。分厚いネイルをキレイにカットできる。
・アクリルパウダー
スカルプチュア(人口爪)や3Dアートを作る際に使用するアクリル樹脂パウダー。
・アセトン
除光液の主成分。アクリリックネイルの除去にも使用。アセトンが含まれていないのはノンアセトンリムーバーという。
・アソート
色々なカラーが混ざった状態を指す事が多い。ネイルストーンやカラーチップによく使われる。
・甘皮
爪の生え際の皮膚。ネイルをキレイに仕上げたり、また持続性を高めるためには甘皮処理を丁寧にすることが重要。定期的なケアをおすすめする。
・アンダープレート
3つの層(トップ、ミドル、アンダープレート)で構成されるネイルプレートの最下層。
・イエローライン
ネイルベットとフリーエッジの境目部分。
・イクステンション
スカルプチュアやチップオーバーレイ等で爪の長さを延長すること。
・イングロウンネイル
陥入爪(爪先の角が指に刺さって炎症や痛みが出る症状。巻き爪を併発している場合が多くある。病院で受診することをおすすめする。
・薄め液
ネイルカラーを薄めるための液体。濃度が濃くなったネイルカラーに数滴入れて塗りやすくする。
・ウッドスティック
木製スティック。甘皮を押し上げたり、はみ出たネイルカラーのふき取りに使用する。
・ウェル
ネイルチップを自爪に装着させる時に接着させる部分を意味する。ハーフウェルとフルウェルがある。
・ウォーターマーブル
水の中にネイルカラーを何色か落とし、つまようじなどで表面だけを混ぜ模様を作り、そこに爪を入れて模様を付着させるアート。
・エアフィルター
エアーブラシでコンプレッサーから空気が送られる時にほこり等を取り除くフィルター。
・エアーブラシ
コンプレッサーから空気を出し、レギュレーターで空気圧をコントロールしてハンドピースを使い、絵の具を吹き付けながら描く道具。
・エメリーボード
地爪を削り、長さや形を整えるやすりのこと。やすりは様々な種類がある。
・エッジング
スカルプチャーを装着する際に自爪表面の光沢をファイルなどで取り去る作業。サンディングともいう。
・エデュケーター
各メーカーに属する専門知識をもったネイルテクニシャン。商品を熟知し、正しい使い方を理解した教育者の事を指す。
・エアーレギューター
エアーブラシの空気圧をコントロールするもの。
・エッグシェルネイル
卵殻爪(爪が薄くなって爪が伸びるにつれ指先を覆うように内側に曲がる症状)。栄養不足や疾患などの原因が考えられる。
・エナメル
ネイルカラー、ポリッシュのこと。
・エポニキアム
キューティクルのこと。
・オイル
ネイル業界ではキューティクルオイルなどの事を意味する。爪や甘皮の保湿等、ネイルアートにおいて重要な役割を果たす。
・オーバル
爪先を卵型に整えた形状の爪のこと。エレガントな雰囲気に仕上がるので女性らしいネイルにおすすめの形。爪が割れやすいので注意も必要。
・オレンジウッドスティック
木を細かく加工したスティック。両端が斜めにカットしてあり、甘皮を上げる際に使用したり爪裏のカラー落とし等に使われる。
・オリゴマー
分子を表す単位。
・オンス
アメリカでの容量の表し方。(1oz=28.5g)
・オーバーグローンキューティクル
足の小指に多い症状で、爪をキューティクル(甘皮)が覆ってしまう状態。丁寧にキューティクル(甘皮)のケアをすることをおすすめ。
・オーバーレイ
チップオーバーレイ。
・オーバル
爪の形の名称。ラウンドの角をさらに削って丸みをつけた形。少し強度は落ちるが上品で爪が長く見える美爪効果あり。人気の形の一つ。
・オペイク
色が透けないエアブラシ用の絵の具。

ページトップへ戻る

カ行

・カラーオフ
ネイルカラーをとること。マニキュアを落とすこと。ポリッシュオフ、リムーブともいう。
・カラーパウダー
アクリルパウダーに色がついたもの。スカルプチャーや3Dアートに使用する。
・カラーチップ
チップオーバーレイの際に使う。カラフルなハーフチップの事。簡単にカラーフレンチネイルを作ることができる。
・カラーリング
ネイルカラー・マニキュアを塗ること。ベース、トップコートを含む場合も有。
・カルジェル
カルブロック・コスメティック社が生み出した、画期的なジェルネイルシステム。地爪のダメージを最小限にとどめ、定着後も柔軟性を失わないため、折れにくく、端がかけることがほとんどない。アセトンで落とせるタイプのジェルネイル(ソフトジェル)。長持ちさせるためには週一回程度、専用のトップコートを塗るメンテナンスが必要。
・ガロン
容量を表す単位。128オンスで1ガロンとなります。1ガロン=約4,000㎖
・ガーゼクリーン
濡れたガーゼなどを使ったクリーンナップのこと。キューティクルを取り除くときなどに使用する。
・ガーネットファイル
エミリーボードと同一。
・陥入爪
爪先の角が指に刺さって炎症や痛みが出る症状。巻き爪を併発している場合が多く、早めに病院で診察してもらうことをおすすめする。
・キューティクル
一般的に甘皮と呼ばれる爪の生え際にある薄い皮のこと。ここを整えておくと、ネイルの仕上がりが一層きれいになる。
・キューティクルオイル
爪や甘皮の乾燥、ささくれ防止のためにキューティクル部分に塗るためのオイル。キューティクルオイルで毎日ケアすると丈夫な爪が生えてくるようになる。
・キューティクルクリーン
甘皮をケアすることを意味する。
・キューティクル・リムーバー
甘皮をやわらかくし、手入れをしやすくするもの。液状とクリームタイプ等がある。
・キューティクルニッパー
ささくれや不要な甘皮を整える際に使用する専用の道具。
・逆フレンチネイル
ネイルのハーフムーン(爪半月)あたりから指先にかけてベースと違う色を塗るデザイン。
・キューティクルプッシャー
甘皮処理の際に、キューティクルやルースキューティクルを押し上げるための道具。
・キューティクルリムーバー
キューティクル部分の角質をやわらかくするもの。甘皮処理をするときキューティクル部分に塗って使う。
・キュア
アクリリックネイル、ジェルネイルが固まっていくこと。
・クラック
爪やスカルプチャーがかけてしまう事。
・クリアネイル
爪全体をアクリリックやジェル等でクリアに仕上げる事。クリアチップを使用しても簡単にクリアネイルが楽しめる。
・グリーンネイル
爪にできてしまうカビの事。原因の多くはスカルプチャーネイルやジェルネイルのメンテナンスを怠ったことで起こりやすい。症状が重い場合は病院へ。
・グリッター
ネイルに光沢を加えるラメ状の素材の事。大小様々な大きさがある。
・グルー
ネイル専用の接着剤の事。ネイルチップをつけたり割れた爪の補修に使用。
・グルーリムーバー
グルーをはがす為のリムーバー。
・クリーンナップ
キューティクル周りを整えてきれいにすること。
・グラデーション
カラーやグリッター(ラメ)で指先に向かって濃くなるように塗り重ねていくネイルアート。
・グリット
ファイルやエメリーボードの目の粗さの単位の事。グリット数が小さいほうが目が粗く、グリット数が大きくなるにつれ目が細かくなる。
・コンプレッサー
エアーブラシにおいてハンドピースに空気を送るもの。
・コンペティション
技術を競う大会の事で、ネイルコンペティションは国内外で開催されネイリスト達が腕を競い合っている。
・コリンスキー
アクリリックネイルの際に使用するアクリルブラシの毛の種類の事。イタチの毛の一種。

ページトップへ戻る

サ行

・サニタイザブル
消毒できる用品の事を意味する。
・サンディング
スカルプチャーを装着する際に自爪の光沢をファイルなどで取り除く作業。エッジングともいう。
・サンドウォール
爪の両サイドの皮膚の部分。
・サイドライン
爪の両サイドの溝の部分。
・ささくれ
爪の周りの皮膚が裂けてしまう症状。キューティクルオイルでケアすると予防できる。ひどくなると細菌感染する可能性もあり。乾燥させないことが重要。
・さじ状爪甲
スプーンネイルと呼ばれる真ん中がへこんだ形。鉄分不足や甲状腺異常などの病気の可能性があるので、病院で診断することをおすすめする。
・Cカーブ
爪の両サイドを指で押さえて作るカーブ。爪を先端から水平に見た時の丸みの事。
・ジェル
UVライトでかためて作る爪。悪臭もなくクリアな仕上がり。
・シャイニング
バッフィング→バッファーを使って爪の表面を磨くこと。
・シェル
ネイルアートで使う材料で貝殻の内側を細かく砕いて色を付けた素材。伝統工芸にも使われる高級感のある素材。虹色の上品な光沢がある。
・ジェルネイル
水あめのようなジェル状のアクリル合成樹脂をUVライト(紫外線A波)で硬化させる人口爪。美しさと艶と透明感があり、保ちが良いのが特徴。現在人気のジェルネイルは様々なメーカーから発売されていますが、大きく分けてハードタイプ、ソフトジェルタイプ(ソークオフジェル)の2種類がある。
・シザー
はさみのこと。
・消毒液
アルコールのこと。
・除光液
リムーバーのこと。
・人工爪
アクリリックネイル(スカルプチュア)やジェルネイルなどの人工的に作った爪の総称。
・スカルプチャー
リキッドとパウダーをもとにフォーム(土台)を使って自爪に継ぎ足ししていくつけ爪。短縮してスカルプともいう。(スカルプチュア)
・スクエア
爪の形の一種。爪先とサイド共にストレートな形。衝撃に強いので折れやすい爪の人におすすめ。
・スクエアオフ
爪の形の一種、爪先とサイドはストレート、角を削って丸みをつけた形の事。衝撃に強くネイルサロンでも多く使われる形。
・スタリライザー
ニッパーなどを殺菌するための用具。
・ステンシル
初心者でも簡単にネイルアートができるツール。花や星などの図柄が切り抜かれたシール状のシート。上からネイルカラー等を塗るだけでその形に着色される優れもの。
・ストレスポイント
フリーエッジとネイルプレートの境目。スカルプチャーなどが一番欠けやすい部分を意味する。
・ストーン
ネイルアートに用いる石。様々な色や形がある。
・スマイルライン
人工爪のフリーエッジとネイルベッド(爪の下の組織)の境界線の事。
・スタイラス
ドット(点)を描くためのネイルアート用のペン。
・スプーンネイル
さじ状爪・匙状爪甲。
・スプリットネイル
爪縦裂症。
・3Dアート
アクリルキッドとアクリルパウダーを使って作る立体的なネイルアート。
・スワロフスキー
ラインストーンの一種。
・ソルベント
固くなったネイルカラーを薄める際に使用する薄め液。
・速乾材
ネイルカラーを早く乾かす役割。液状タイプとスプレータイプがある。
・ソフトジェル
弾力性があり簡単に除去できる。ポリッシュ感覚で使える。カラーやデザインが長持ちし、爪を補強できる。ハードジェルに比べ、光沢が若干劣ると言われているが、専用のトップコートを塗ることにより、輝きをもたせ、ジェルの黄変を防ぐことが可能。 ブランドやメーカーによって仕上げにハードジェルを併用し、美しい光沢を出すことが可能なものもある。
・ソークオフジェル
ソフトジェル。
・爪下出血
外傷が原因で爪の下に血腫ができた状態。
・爪甲
ネイルプレート。

ページトップへ戻る

タ行

・ダストオフ
ファイルやエミリーボードを使ってファイリングした際に出るファイルダストを取り除く事。
・ダストブラシ
ファイルやエミリーボードを使って、ファイリングした際に出るファイルダストを払うブラシの事。
・ダッペンディッシュ
アクリルキッドなどを入れる小型の容器の事。
・ダブルフレンチネイル
名前の通りフレンチが2重になっているネイルアート。色の組み合わせにより様々な表情のWフレンチネイルが楽しめる。
・チップ
予め爪の形になっている人口爪。アクリル樹脂でできていてそのまま爪の上に貼り付けるものが一般的。爪全体にかぶせるタイプと爪の途中から貼るタイプがある。 地爪にネイルアートするよりも低価格で接着方法によっては何度でも使用できるので経済的。
・チップオーバーレイ
爪の先にチップをつけ、アクリリックネイルやジェルネイルなどでコートをして継ぎ足す技法の事。
・チップカッター
ネイルチップ用カッター。厚みのあるネイルチップもきれいにカットできる。
・チップオン
つけ爪の技法の一種で爪の途中からチップを装着し、段差をファイリングするだけの簡単なつけ爪技術のひとつ。強度は弱め。
・つけ爪
人工爪。アートを施して自爪の上に貼るタイプや、ジェルネイルなどもすべてを総称してつけ爪と呼ぶ。
・2WAYバッファー
目の粗さが違う面が2つあるバッファーの事。2WAYファイル(エミリーボード)もある。3面あるタイプは3WAY、4面は4WAYという。
・爪やすり
ファイルと同義語。
・デザインチップ
デザインやアートが施されているネイルチップの事。
・デザインスカルプチュア
デザインを埋め込んだスカルプチュアの事。デザインを作った上からパウダー等でコーティングする高度な技術。
・デジタルネイル
コンピューターに内蔵されたデザインから、専用の機材を使って細かいネイルアートを描く手法。
・ディプロマ
卒業証書や修了証書、免状の事。サーティフィケイトとも呼ぶ。
・トップコート
ネイルカラーを塗った爪の上に重ねる事によりカラーがはげるのを防止し、光沢を与える。ラインストーンの接着等にも使える。デザインやアートが施されているネイルチップの事。
・トッププレート
3つの層(トップ、ミドル、アンダー)で構成されるネイルプレートの一番上の層。
・トランス
透け感のあるエアブラシ用絵の具の事です。
・ドット
カラーやホログラム等を使った水玉模様のネイルアートです。
・ドットペン
スタイラス。

ページトップへ戻る

ナ行

・ナゲット
ネイルアートで使う金箔と銀箔。
・ナチュラルネイル
自爪のこと。
・二枚爪
爪の層が2枚にはがれ、さかむけてしまう爪の症状。爪切りを使用するのをやめ、ネイルファイルを使う事で回避できる。
・ニードル
エアーブラシで使うハンドピースの針。
・ネイルアート
アクリル絵の具やラインストーンなどで爪の上にアートを施すこと。
・ネイルシート
爪専用の薄いシールの事。爪の上に貼りトップコートで保護するのが一般的。
・ネイルブラシ
爪の汚れを落としたり、ファイリングで生じた粉などを払う場合に使用するネイル必須アイテム。
・ネイルプレート
一般的に「爪」と呼ばれる、根本から先までの爪全体の事。
・ネイルベッド
爪が皮膚に接してる部分で爪の台となる。
・ネイルアーティスト
ネイリストともいう。ネイルケアやネイルアートなどを施術するプロの人の事を言う。ネイルアーティストになるための必須資格はありませんが、民間で独自に資格を与えているJNA(日本ネイリスト)協会という機関がある。
・ネイルウォール
サンドウォールの事。爪の両サイドの皮膚の部分。
・ネイルカラー
爪に色を付けるもの。
・ネイルグルー
ネイル用接着剤の事。ネイルチップをつけたり、ストーンをつける時、爪が割れた時などに使用する。
・ネイルグルーブ
サイドラインの事。爪の両サイドの溝部分の事。
・ネイルケア
爪の形や長さ、甘皮などを整えるお手入れの事。
・ネイルセパレーション
爪甲剥離症の事。
・ネイルチップテープ
ネイルチップを取り付けるために使用する両面テープの事。
・ネイルリムーバー
リムーバと同義。
・ネイルリペア
スカルプやジェルのかけた部分や、自爪が伸びてきてしまった部分を補強する作業の事。
・ノンアセトンリムーバー
アセトンが含まれていないリムーバーの事。

ページトップへ戻る

ハ行

・バッフィング
爪の表面に光沢を出す為に磨き上げる事。
・ハードジェル
アセトンでは落とせないタイプのジェルネイル。反対にアセトンで落とせるタイプのものをソフトジェルという。
・ハーフムーン
爪の根本の白い半月状の部分。
・バイオジェル
バイオスカルプチュアジェルの事。アセトンで落とせるタイプのソフトジェル。
・ハイポイント
爪の中央の一番高い部分の事
・ハイポニキウム
爪下皮。イエローラインの裏側の部分。
・ハングネイル
ささくれのこと。
・ハンドバス
手浴。洗面器にエッセンシャルオイル(精油)を垂らして手を温めるフットバスのハンド版。
・バッファー
爪の表面を磨いて光沢を出すためのもの。平らなボードタイプと立体的なブロックタイプがある。
・パラフィンパック
爪溶かしたパラフィン(ろうそくのロウとほぼ同じもの)を使ったパック。発汗によって新陳代謝が促され、保湿効果、リラックス効果がありネイルサロンで多く取り入れられている。
・パロニキア
爪周囲炎。
・ハンドピース
エアーブラシでネイルに絵の具を吹き付けるために使用する。レギュレーターなどで空気圧を調節しながら吹き付ける。
・ピーコックネイル
クジャクの羽をイメージした可憐なネイルアート。
・ピンチング
透アクリリックネイルで爪の両サイドを指で押さえてCカーブを作ること。ピンチともいう。
・光重合
ジェルの主な成分であるモノマーとオリゴマー、光重合開始剤が一体化となっており、光重合開始剤が光を吸収することによりラジカル(不対電子)が発生し、ラジカルを活性点として硬化する。フォトポリマリゼーション。
・フォトイニシエーター
光重合開始剤。光を吸収して重合反応を起こす開始剤。
・ファイリング
爪の長さや形を整えるやすり。
・フィル
つけ爪の浮いてきたところをファイリングする事。フィルインする前に行うと良い。
・フィルイン
つけ爪を付けた後、伸びてきた自爪の部分にアクリルやジェルを追加し人口爪と自爪の段差をなくすこと。
・プッシャー
甘皮(キューティクル)を押し上げる際に使う道具。
・フリーエッジ
爪に先端、皮膚から離れた爪の部分の事。指先の白い部分です。
・フレンチネイル
ネイルの先端にベースと違う色を塗るデザイン。昔から人気があり一番基本的なアート。最近は変形フレンチネイル(ダブルフレンチネイル、ななめフレンチネイル、逆フレンチネイル、ストレートフレンチネイル、クロスフレンチネイル、など)が大人気となっている。
・フローター
自爪の上にアクリリックやジェル等をのせて爪を補強・補修する事。カラーリングの持ちも良くなる。
・ファイルダスト
ファイルやエミリーボードを使ってファイリングした時にでる爪の削りかすの事。
・フィンガーボール
お湯を入れる容器。キューティクルを整える前に指を入れて角質をふやかすために使う。
・フォーム
アクリリックネイルを作る際に指につける土台のシール。
・復活剤
何度でもつけ外しができるネイルチップの粘着力が悪くなった時に使うと、接着力が復活するもの。
・プライマー
アクリリックネイルやジェルネイルをつける時に殺菌と接着力を高める目的で塗るもの。
・ブリオン
ネイルアートで使う小さなゴールド色の粒。
・プレパレーション
アクリリックネイルやジェルネイルなどをつける前に行う下処理の事。
・ベースコート
ネイルカラーを塗る前の保護剤。ネイルカラーの持ちを良くし、自爪の凸凹を滑らかにします。色素沈着を防ぐための効果もあり。
・ペディキュア
ペディ(足)+キュア(ケア、お手入れ)。足全体のお手入れの事。一般的に足に塗ったネイルカラー(ポリッシュ)の事をペディキュアと呼ばれていますが、正確にはペディキュアとは足全体のお手入れの事を言う。
・ペイントアート
アクリル絵の具を使って描くネイルアート。
・ボーダーネイル
ポップなネイルアートの定番。ボーダー柄のネイルデザイン。
・ポイント
先端をとがらせた爪の形の名称。オーバルの角をさらに削ってとがらせた形。強度は弱くなりますがスカルプチュアで人気の形。
・ポリッシュ
ネイルカラー・エナメル・ネイルラッカーの事。一般的にはマニキュアと呼ばれる。
・ホログラム
ネイルアートで使用するスパンコールのような光沢のある材料。形は丸形や星型、ハート形等多々あり、カラーもはっきりしたパステル系、半透明、オーロラ等様々な種類がある。
・ホワイトスポット
爪甲白斑。
・ポリッシュオフ
リムーブの同意。
・ポリッシュドライヤー
ネイルカラーを乾燥させるためのネイル専用ドライヤー。
・ポリッシュリムーバー
リムーバの同意。
・ポリマー
アクリルパウダーの事。
・ポンプディスペンサー
リムーバーなどを入れるポンプ式容器の事。コットンやワイプ等ポンプディスペンサー上部に押し当てると適量しみこませることができる用具。

ページトップへ戻る

マ行

・マーブルネイル
2色のカラーで大理石のようにまだらに混ぜ合わせたネイルアート。
・マトリクス
爪の育成・成長をつかさどる部分。爪母ともいう。
・マスキングテープ
ホームケアでフレンチなどのネイルアートを作るときに、ネイルカラーがはみ出ないように使うテープ。フレンチガイドテープともいう。
・マスキングシート
ホームケアでエアーブラシなどでネイルアートを作るときに使う型紙。
・マニキュア
一般的にネイルカラー、ポリッシュの事をマニキュアと呼ぶ。正確にはマニキュアとは手全体のお手入れの事を指す。
・ミクスチュア
アクリルパウダーどリキッドを混ぜたものの事。スカルプチュアをつける時に作るアクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせて作る。
・未硬化ジェル
ジェルネイルをUVライトにあてて硬化させた時に固まりきらずに残ったジェルの事。未硬化ジェルをふき取ると艶々したネイルが現れる。
・ミドルプレート
3つの層で構成されるネイルプレートの真ん中の層。
・メタルプッシャー
キューティクルやルースキューティクルを押し上げる時に使うキューティクルプッシャーでメタル製のものをいう。
・メンダ
ポンプディスペンサーの事。

ページトップへ戻る

ヤ行

・UVトップコート
紫紫外線による退色を防ぐトップコート。アクリリックネイルやジェルネイルなどのトップコートとして使われる。(種類によっては不要のものもある)
・UVライト
紫外線を当てるためのジェルネイル専用ライト。ジェルを塗った後、手を(指)入れると、ジェルが紫外線に反応して硬化する。

ページトップへ戻る

ラ行

・ラインストーン
ネイルアートで使う石で、ラインストーンやスワロフスキー等のこと。取れやすいのでトップコートやジェルネイルでコーティングするのがおすすめ。
・ラウンド
爪の形の名称。サイドがストレートで先端が丸い形。扱いやすくどんな人でも似合う自然な形で、優しい印象に仕上がる。
・ラップ
シルクやファイバーグラスなどを爪の上にのせ、グルーやレンジ等で接着して補強する方法。
・ラメパウダー
グリッターと同意。
・リキッド
アクリル樹脂の液体。アクリルリキッドの事を意味する。
・リフティング
アクリリックネイルやジェルネイルをつけてから時間が経ち、根本部分等が浮いてきてフィルイン(お直し)が必要な状況。リフトともいう。
・リペア
亀裂が入った自爪や、欠けたスカルプチュアなどを補修する事。
・リッジフィラー
爪の凸凹を目立たなくさせるもので、ベースコートの前後に使ったり、ベースコートとして使える物もある。ネイルカラーののりや保ちを良くしてくれる。
・リムーバー
ネイルカラーを取るときに使う専用の液体。一般的にリムーバーや除光液という。甘皮処理でキューティクルをやわらかくするものはキューティクルリムーバーという。
・リムーブ
ネイルカラーをリムーバーで取る事。
・緑膿菌感染
グリーンネイルと同意。
・ルーススキン
甘皮の下から生える薄い表皮の事。
・ルースキューティクル
キューティクルの下にある薄い角質。施術前に取り除くとアクリリックネイルやジェルネイルをキレイに着ける事が出来る。
・ルースハイポニキウム
爪先(フリーエッジ)の裏につく、ルースキューティクルと同じような角質の事。
・レギュレーター
エアーブラシの空気圧をコントロールするもの。
・レジン
ファイバーグラスを使ったラップやネイルのリペアなどに使われる接着剤。グルーより硬化に時間がかかるが、厚みが出せる。

ページトップへ戻る

ワ行

・ワイプ
アルコール(エタノール)やリムーバーをしみこませて爪の表面をふき取るもので、コットンよりも繊維が残りにくい素材でできている。プレパレーションで爪の油分や汚れをふき取る時や、ジェルネイルの未硬化ジェルふき取り自などに使用。
・ワンボール
アクリリックネイル(スカルプチュア)を作る時、筆にアクリルリキッドとアクリルパウダーをつけてミクスチャーを作る。その一つのミクスチャーの事をワンボールという。2ならツーボール、3つならスリーボールとなる。
・ワンタッチネイル
接着剤をつけたネイルチップの事。爪に乗せて軽く抑えるだけで装着でき、取り外しも簡単。

ページトップへ戻る